50歳・早期退職・のんびり楽しい暮らし

50歳で28年勤めた会社を辞めました。会社を辞めるまでのこと、辞めたあとの日々を語ります。

iPhone7、バッテリー交換(AppleCare)が結構大変だった

f:id:aoitori50:20180914121729j:plain

私のiPhone7は買ってからちょうど2年です。
バッテリーが劣化してきていて、最大容量が81%になっていました。
せっかくAppleCareに入っているので、バッテリーの無償交換をしてもらうことにしました。

 

電話での修理予約は大変

以前アップルのお店に行った時に「電話して予約してください」と言われもらった連絡先(アップルコールセンター)に電話をしました。
電話をする前は余裕で予約ができると思っていたのですが、、、1駅隣にあるお店は2店とも1週間先まで予約がいっぱい、都内で1店、1枠空きがあると言われる状態でした。
電話した時点でAppleCareの保証期限1週間前。

期限に間に合うように修理は不可能かもしれないと思い、オペレータの方に事情を説明したところ、私の電話に出てくれたオペレータの方は「当たり!」で、無償にできる方法がないか調べてくれました。そして、
「修理の予約ができないのはアップル側の事情なので、店舗の予約をする際にこれからいう受付番号を伝えてもらえれば、無償修理が可能です。」
という答えとともに、受付番号を教えてくれました。

→このオペレータの方は本当に親切で当たり!でした。
 同じようにダンナが電話した時はこの対応はしてもらえませんでした。
 コールセンターのオペレータはバイトだと思うので、対応のレベルがマチマチになるのは仕方ないですね。

あとは店舗の予約をすれば問題は解決するはず。
ところが、こんなに予約でいっぱいなのに、、、1週間先までの予約しかできないということで、翌日以降に電話をかけ直すことになりました。

 

電話で予約できたお店は結構遠かった

日を改めて、バッテリー交換予約の電話をかけました。
この時も近くのお店は予約でいっぱいで、1週間の期間中、予約ができるのは滅多に行かない地域のお店の当日16:40。
予約枠が本当にないんだなあ〜と思いながら、その日に行けば保証期限内だったので、諦めて予約を入れてもらいました。

 

結局ネット予約で近くのお店が予約できた

状況をダンナにメールしたら、
「ネットに近くのお店の空き枠が出ているよ」
という返信をくれました。
早速調べてみたところ、、、やっぱり空き枠がある。
速攻で予約して、コールセンターの予約はキャンセルしてもらいました。

getsupport.apple.com

予約枠の公開ルールがよくわかりませんが、見るタイミングによって枠があったりなかったりするようです。
コールセンターのオペレータの方はとても親切でわかりやすく説明してくれるので、1回は電話で説明を聞けたのは良かったと思いましたが、お店の予約だけなら自分で状況を見ながら好きな枠を予約できるので、ネットの方が良いかなあと思いました。

 

バッテリー交換で最大容量100%に復活しました

お店に行き手続きをしてバッテリー交換、受け取りまでに1時間半ほどかかりました。
バッテリー以外に不具合がなかったし、バックアップもしてあったので、スムースに終わったと思います。
特にデータ消失もなく、交換の結果、当たり前ですが最大容量100%に復活。

f:id:aoitori50:20180914151046j:plain

復活したバッテリーは持ちが良く、随分劣化していたんだなあと実感しているところです。
これから新しいiPhoneが発売されますが、バッテリー交換したiPhone7は新品同様(言い過ぎかな)の感じなので、買い替えるかどうか迷っているところです。