50歳・早期退職・のんびり楽しい暮らし

50歳で28年勤めた会社を辞めました。会社を辞めるまでのこと、辞めたあとの日々を語ります。

コンタクトと眼瞼下垂

f:id:aoitori50:20180714183427j:plain

今使用しているハードコンタクトが購入から約2年半ほど経過したので、買い換えようと考えました。
今まではコンタクト専門店に行っていたのですが、軽いですが病気(緑内障)も見つかっているのできちんとした病院で買おうと思い、飛蚊症のレーザー治療を受けた眼科で買うことにしました。

私は大学1年18歳の頃から約32年間、ハードレンズを使い続けています。
取り扱いが楽で慣れているし安価なので、今回もハードにしようと考えていました。

 

軽い眼瞼下垂になっていた

サンプルのコンタクトを着用して診察を受けたところ、軽い眼瞼下垂の症状があると言われました。
眼瞼下垂・・・?初めて聞きました。
説明もあったのですが、ネットで調べると以下のような病気です。

上まぶたが垂れ下がり、常に目が完全に開ききっていない状態が眼瞼下垂で、まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋の働きが弱まることで起こる。
【先天性眼瞼下垂】
 生まれつき上眼瞼挙筋の発達が悪く、下垂ぎみになる
【後天性眼瞼下垂】
 加齢による筋肉の老化、白内障の手術やコンタクトレンズの長期使用などによる、上瞼挙筋の筋力低下によるもの
(東京眼瞼下垂センター、ホームページ以下より引用)

www.kitamura-clinic.com

ほとんどの女性は、目を大きく見せたくてアイラインを使います。
私もずっとそうしてきましたが、まさか、そもそも瞼が下がってきていて、その要因の一つがハードコンタクトとは思いもよりませんでした。
(加齢によるものは仕方ないとしても、、、)
そして、眼瞼下垂は症状が改善されることはなく、進行して悪くなると手術するしかないとのことでした。
目の手術は怖いので、できれば避けたい。
コンタクトもハードの方が症状を進行させるとのことだったので、少しでも進行を遅らせようと、これを機にソフトレンズへの切り替えを検討することにしました。

 

眼科による診察の差を痛感しました

今回、コンタクトの処方をしていただくにあたり、本当は2週間くらいコンタクトを使用しない状態で検査した方が良いと言われていました。
目の形が変わるのだそうで、実際に今回の検査で2回計測したのですが、少し形が変わってしまって、最適なサイズの判断が難しかったそうです。
そして次回はソフトレンズを試すことになったので、2週間、コンタクト未使用の状態で過ごして再検査することになりました。

これまで行っていたコンタクト専門店の隣にある眼科では、目の形のことなど言われたことはなく、当日行って検査して問題なしで購入できていました。
眼瞼下垂は最近出た症状なのかもしれませんが、それに関してもこれまで言われたことはありません。

メガネはまだ良いのかもしれませんが、コンタクトは目の中に入れるものなので信頼できる病院で検査して買うべきだと痛感しました。(今さらですが)
目は死ぬまできちんと機能して欲しい大事な臓器です。
これからはきちんとケアをしていきたいと思います。

目は弱くて“むき出しの臓器” 赤ちゃんからシニア世代まで、知らないと危ない! いちばん新しい目の知識 | ダ・ヴィンチニュース