50歳・早期退職・のんびり楽しい暮らし

50歳で28年勤めた会社を辞めました。会社を辞めるまでのこと、辞めたあとの日々を語ります。

湯シャン生活で愛用中のドライヤーとブラシ

f:id:aoitori50:20180819134111j:plain

湯シャン生活で使っているドライヤーとブラシです。

1. ウォールのドライヤー

数年前に行っていた美容院で使われていたもので、オゾンが発生するドライヤーです。
プロ向けなのですが、たまたま、お客さんに特別販売している時期があって、思わず買ってしまいました。

wahlglobal.com

プロ向けなので風量が強く、セミロングの私で5分もかからずに乾かせます。
イオンドライヤーとの差はよくわかりませんが、リンス、トリートメント等ケア製品なしでもサラッサラッになります。
アマゾンで検索しても出てこないので、本当に業務用としてだけ販売しているのかもしれません。
壊れたら次はどうしようかなあと思っているところです。

 

2. メイソンピアソンのポケットブリッスル、ブラシの平野のヘアブラシB-8

湯シャンでは獣毛ブラシをオススメされていたので、猪毛のブラシを二つ買ってみました。
メイソンピアソンのポケットブリッスルは公式だと12,960円、楽天の正規輸入品が11,556円、平野のブラシは6,480円と、結構お高めです。

ポケットブリッスルピンク | 《公式》英国伝統の最高級猪毛ヘアブラシ・メイソンピアソン

湯シャンはヘアケア製品がほとんど不要になるので多少はお金をかけても良いとは思いますが、ブラシに10,000円出すのはちょっとという感じですよね。
清水の舞台から飛び降りるつもりで、メイソンピアソンを2012年に買って6年経過していますが、ヘタっておらずまだしばらくは使えると思います。
国産で少し価格が安いので使い心地が良かったら良いなあと思い買ってみた平野のブラシですが、使い心地も手入れも楽でメイソンピアソンの方に軍配です。
今のブラシがヘタったら、迷わずメイソンピアソンを買うと思います。

 

湯シャン+ケア製品を使った50歳の髪の状態は

モデルではない見苦しい私の写真で失礼しますが、湯シャン4日め、何もつけずにドライヤーで乾かしただけの状態です。
(前回のヘアカットは4月なので、4ヶ月は髪を切っていません)

f:id:aoitori50:20180819172602j:plain

湯シャン前は髪の乾燥、枝毛、切れ毛に悩んでいたのですが、過去と比べると一番歳をとっている今がベストの状態を保てている気がします。
湯シャン、オゾンドライヤー、猪毛のヘアブラシ、ヘナによる白髪染め、どれが効いているのかはよくわかりませんが、当面、髪はこのケア方法を続けたいと思いっています。