50歳・早期退職・のんびり楽しい暮らし

50歳で28年勤めた会社を辞めました。会社を辞めるまでのこと、辞めたあとの日々を語ります。

会社を辞めるまで

会社で働く時に活かせる女性の能力?

女性ということを一つの能力として活かせると考えていました。 入社した当初は「差別かも」と不満に思うこともありました 私が勤めていた会社は圧倒的に男性が多く、管理職の女性比率は今でも数パーセントだと思います。今でこそ新卒採用は女性がかなり増え…

退社を決めた理由

2017年春に「あと1年で辞めるつもりでやってみよう」と突然踏ん切りがつきました。 2014年〜2016年までの経緯 これまでブログに書いてきましたが、退社を決めた理由は一つではなく、数年間で入ってきた情報、やってみたことなどがパズルのピースがはまるよう…

自分にとって一番大切なものは?それを貫けない自分が嫌になったけれど。

自分にとって一番大切にしたいものは何だろう(少し前に終わったTV東京ドラマの引用です、、、) 仕事をする上で大事にしていたこと 若い頃から会社や働いている人たちにとって良くなることをやりたいとずっと考えていました。言われたことを命令だからとや…

「魂の退社」(稲垣えみ子氏)の書評で改めて感じたこと

魂の退社 作者: 稲垣えみ子 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 毎日何となく読んでいた日経新聞の広告で、目に飛び込んできた「魂の退社」 会社を辞めることを漠然と考え続けていた …

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」との出会い、幸せとは何か。

自分にとっての幸せって何だろう。今死んでも後悔しない人生にしたい。 「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」で生き方を考えさせられた 2015年、Mr.サンデー(22:00〜フジテレビ)というTV番組でウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ氏を取り上げました。M…

洋服の数を減らしてもおしゃれはしたい「パーソナルカラー」と「骨格診断」

おしゃれでいるには、洋服はたくさん必要だと思っていました。 少ない枚数でおしゃれになるにはどうすれば良いのか お片づけで整理されてきたクローゼット。何とかこの状態は維持はしたい、(自分の感覚としての)おしゃれもしたい、どうすれば叶うのか。ま…

「人生がときめく片づけの魔法」でお片づけを始めた

以前の部屋はモノでいっぱいでしたが、片付いた部屋だと思っていました。 「人生がときめく片づけの魔法」との出会い 2015年、たまたま見ていたTV番組で、近藤麻理恵さんが「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれたことを取り上げていました。 すでに…

湯シャン後の美容院と白髪染め

湯シャン後の美容院と白髪染め、悩みませんか? 湯シャン後の美容院の施術 湯シャンを始めた後、美容院について少し悩みました。 美容師の方に臭いと思われないかな シャンプーで泡が立たなかったらどうしよう シャンプーはまだしもできればリンスはやめたい…

肌断食と湯シャンが始まり(2)

前回の続き、湯シャンについてです。 (前回記事はこちら) slow-happy-life50.hatenablog.jp 肌断食と同時に湯シャンをスタート 肌断食とともに宇津木先生も推奨している湯シャン。 シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ"が…

肌断食と湯シャンが始まり(1)

すべての始まりは「肌断食」と「湯シャン」でした。 30代になって気になりだした肌の状態 私の本格的な化粧品デビューは遅めで、30歳を過ぎた頃からです。 もともと肌は丈夫な方でトラブルが少なく無頓着だったのですが、30歳代になってから肌のつっぱりやテ…

買い物依存?

買い物が大好きで、少し依存気味の時期がありました。 ネット通販にハマる 本を読むのは好きでしたが、趣味と呼べるようなものがありませんでした。 休日は1週間分の洗濯、掃除を片付けると時間を持て余していましたが、たまの休みに外出はちょっと面倒、家…

管理職の辛さ

2006年、38歳で管理職になり、辞めるまでの12年間、マネジメントのようなことをやってきました。 管理職になっちゃった 管理職になるまでは勤務時間の100%を自分が業務を行うために使っていました。 が!3月にいきなり課長の内示。(内示はいきなりが普通) …